• arigatou

『ノートパソコンについて』 岡山市中区高屋のありがとう整骨院

岡山市中区高屋にある

ありがとう整骨院の山口です!


患者様から

デスクトップのパソコンは大丈夫なのに、ノートパソコンを

使っているとすごく 疲れるんです。なんでですか??


という質問を頂きましたので、

今回はノートパソコンと姿勢についてお話します。


まず、パソコン作業は頭を前に傾けた状態となり、

頭の重さを支える負担が首・肩・背中の筋肉に集中してしまいます。

この状態が長時間続くと筋肉が疲労して固まってしまいます。


いわゆる肩こりの状態です。


ノートパソコンの場合は、 デスクトップ型パソコンに比べて

画面の位置が低くなります。

そうすると、目線が下がり頭の前方への傾きが強くなって

頭を支える筋肉の疲労も大きくなります。


また、キーボードの幅が狭い製品が多いので、

キータッチ時の両手の間隔が狭くなり…。


自然と肩を前に丸めた姿勢となってしまいます。


これらの理由から、ノートパソコンは頭が前に傾いて肩を丸めた、

猫背の様な姿勢に誘導されてしまうので、 疲れやすくなってしまいます。


簡単にできる対策としては、上差しノートパソコンの奥側に

3~5センチ程の高さがある物をかませ傾斜を作ります。

すると、画面の位置が上がって目線も上がりますので

筋肉への負担を減らすことができます。













ちなみに私はタウンページをかませて高さを調節する事が多いです。

心当たりのある方はぜひお試し下さい。

Copyright© ついてるケア 2017 All Rights Reserved