• arigatou

岡山市中区『お風呂で寝落ち ~その②~』ありがとう整骨院

最終更新: 2018年3月27日


岡山市中区高屋にある ありがとう整骨院の藤本です!



前回お風呂で寝落ちをするのは 実は危険なことだった!とお伝えしました。


前回の記事はこちら


今回はその原因についてお伝えします(`・ω・´)



そもそもなぜ、眠くなったりするかというと…。


『疲れがたまっているから脱力して‥』


などもありますが、


入浴中に眠たくなる心地よい暖かさは 血圧低下が原因のものがあるとされています。


肩まで湯船につかる全身浴では、水圧によって

心臓が圧迫された状態になっています。



このとき全身が受ける水圧は、

約500㎏と言われ、心臓が圧迫されるとお風呂の 温熱作用も加わって心拍数が上がり、 血液循環も良くなって血圧が上昇します。



その反動で徐々に血圧が低下していきます。


血圧が下がると心拍数が落ち着き、 血管を拡張していくため頭にまで充分に 血が行き届かなくなり、脳が酸欠状態になります。



脳が酸欠状態になると失神寸前の状態になり、


『お風呂で寝る』


ということになってしまうのです。



だいたいの場合だと顔がお湯に浸かると驚いて 目が覚めたりするのですが、

疲れている場合や睡眠不足、 アルコールを飲んだ後などには 気づかない場合が多かったりするので コレが溺死につながってしまうのです。



お風呂で寝るのは個人差はありますが、 一般的には42℃以上の熱いお風呂に 10分以上浸かると危険です。















あまりにも熱いお風呂に入るのは控え、 眠くなったきたら早めに 入浴を切り上げることをおすすめします!

#ありがとう整骨院 #岡山市中区 #整骨院 #お風呂 #寝落ち #心臓が圧迫 #酸欠 #血圧低下 #500キロ #お風呂で寝る

Copyright© ついてるケア 2017 All Rights Reserved