• arigatou

岡山市中区『寝る時の姿勢による体への影響』ありがとう整骨院

最終更新: 2018年3月27日

岡山市中区高屋にある ありがとう整骨院の藤本です!



みなさんは寝る時、 どんな姿勢で寝ていますか?


あお向けの人

うつ伏せの人

横向きの人


いろいろいると思います。



毎日同じ姿勢で寝ないと眠れない人、 その日によって寝方が変わる人もいると思いますが、

寝る姿勢によっては体に悪影響や 負担がかかること知っていますか?



今回はそのメリットデメリットを お伝えします\(゜ロ\)(/ロ゜)/



『うつ伏せ寝の場合』
















メリット


気道が狭くなりにくので”いびき”が出なかったり、

無呼吸症候群の予防にもなるといわれています。


デメリット

胸を長時間圧迫したり首を常に傾けて寝ているので 全身の骨格に歪みが生じやすくなります。

また、腰が反り気味になるので腰痛の人がうつぶせで

寝るとさらに腰痛が悪化する可能性があります。



『横向き寝の場合』














メリット

舌が気道を塞ぐことがないので『うつぶせ』同様に

呼吸がしやすく、イビキをかきにくいと言われています。

右側を下にすることで、胃から腸につながる部分まで 食べ物が詰まるのを防ぎ、スムーズな消化を促がすことができます。


デメリット


横向きで寝ると体の片側に負担がかかるようになるので、 肩コリが生じたり片側だけ血流が悪くなったりします。

また、骨格が歪んだりする場合もあります。



下に向いている側に圧力がかかる横向きでは、

顔周りにも負荷を与えやすくなります。



片方だけを長時間下に向けていると歯茎やあごに負担がかかり

顔が押されて歪むことで額や唇、ほっぺにしわが

増える可能性があります。



『あお向け寝の場合』














メリット


あお向け寝は一部だけに圧力が加わることもなく、

全身バランスよく圧力が分散されます。 なので、全身のバランスや骨格維持に良いとされています。


デメリット


睡眠時無呼吸症の方があお向けで寝ると危険です。

気道を圧迫してしまい呼吸がうまくできなる可能性も…。

また、あお向けで寝る時に両手をバンザイするのは、

肺が満足に動かないのでうまく呼吸ができない場合が

あるので注意が必要です。


============================


体にかかる負担を考えると寝る時の姿勢は

『あお向け寝』がおススメです( ´ ▽ ` )

ただ、一番重要なのは

『自分が一番楽だと思う姿勢で寝ること』です。


#ありがとう整骨院 #岡山 #整骨院 #うつ伏せ #仰向け #寝方 #腰痛 #無呼吸症候群 #呼吸

Copyright© ついてるケア 2017 All Rights Reserved