• ありがとう整骨院

岡山市中区 椎間板ヘルニア

【椎間板ヘルニアの原因と症状】

椎間板ヘルニアというのは、腰骨の間にあるクッション材「椎間板」が変形してしまい、従来の位置から飛び出してしまい神経を圧迫してしまう状態です。

加齢や重たいものを持った時の負荷により、発生すると言われています。

腰骨にある椎間板は高い位置から低い位置までありますが、脊椎というのは下へ行くほど負荷がかかりやすいため、腰に近い椎間板ほどヘルニアになる可能性があります。

そのため、椎間板ヘルニアというのは腰に症状が出るのです。

以下のような症状が出る場合は、椎間板ヘルニアの可能性が高いといえます。


・痛みやしびれ

椎間板ヘルニアの代表的な症状は、痛みやしびれの発生です。

腰に1番多く出ますが、お尻やふともも、膝、足首、足先に出る場合もあります。


・感覚障害

足の感覚が鈍くなってしまい、物につまずきやすくなったり歩くことが困難になってしまうこともあります。


・膀胱直腸障害

ヘルニアの影響で神経全体が圧迫されてしまった場合、排便や排尿のコントロールが上手くできなくなってしまうことがあります。


これらは椎間板ヘルニアの特徴的な症状なので、考えられる場合は椎間板ヘルニアを疑いましょう。


椎間板ヘルニアの検査方法は、視診や問診で行います。

痛みの現れ方や特徴、姿勢、動き方などを確認し、様々なテストを行うなどをして、ヘルニアの状態を確認します。

また、画像検査も行い、他に影響を与えていることがないかの検査を行うこともあります。

ヘルニアは画像には写らないので、骨折などの他の病気を確認します。

また、MRIで椎間板や神経の状態を確認することもあります。



【椎間板ヘルニアの治療方法】

椎間板ヘルニアのほとんどは、手術をせずに改善させることができます。

そのため、最初の治療方法としては保存療法で改善へとみちびきます。


・薬物療法

椎間板ヘルニアの炎症を抑えるために薬物療法を行い、非ステロイド性抗炎症鎮痛薬を使って様子を見ます。

また、筋肉の緊張をやわらげて痛みを緩和させる筋弛緩薬を使う場合もあります。


・注射療法

薬物療法で痛みが取れない程ひどい場合は、注射療法を行います。

神経の局所麻酔薬やステロイドを注射する、神経ブロック注射などを用いて痛みを緩和させます。

ひどい痛みでも、注射で劇的に痛みがなくなります。

しかし、一時的に緩和させるだけで、時間が経てば痛みは復活してしまいます。


・牽引療法

痛みが治まって来たら、牽引療法で腰を引き伸ばして腰椎や筋肉を伸ばして状態を緩和させます。

整骨院や接骨院で行ってくれるので、相談をしてみると良いですよ。


・手術療法

保存療法を行っても改善の見通しがない場合は、手術療法を行います。

飛び出しているヘルニア部分を切除する方法であり、手術療法は様々あります。



いかがでしたでしょうか。

椎間板ヘルニアの中には、自然に治まっていく場合もあるようです。

しかし、全く改善せず悪化していくパターンもありますので、気になる場合は放置せずに早めに専門医に相談をするようにしましょう。


岡山市中区 椎間板ヘルニアなら、「ありがとう整骨院」にお任せください。




Copyright© ついてるケア 2017 All Rights Reserved