• arigatou

岡山市中区『膝痛と腰痛の関係について②』ありがとう整骨院

おはようございます!

岡山市中区高屋にある

ありがとう整骨院の山口です。



『膝痛と腰痛の関係について』その2です。



前回は膝痛から腰痛を引き起こす流れについて

お話しましたので、今回はその対処法などについて

お伝えいたします。





まず対処の必要性が高い方をお伝えします。



●現在、膝の痛みがある方で『痛い』と感じる部分しか治療を行っていない場合。


痛みというのは危険信号ですので、それを感じている時点ですでに

「かばう動作」を行っていると思って下さい。


膝の痛みが落ち着くまでの間に「かばう動作」のクセが

定着してしまう場合があります!



●過去に膝痛を経験した事がある方。



現在膝の痛みがなくても、「かばう動作」のクセだけが

残っている場合があります。


「かばう動作」のクセというのは、自覚がなく体の広範囲に

影響を出しますので、痛みは引いてもクセはそのままという

ケースも珍しくありません。


例えば、膝痛を経験した側だけ「靴の外側がすり減る」

「ふと気が付くといつも足先が外側を向いている」 などが多く見られます。



このような対処が必要なクセをそのまま放置すると、

今は大丈夫でも後に体のどこかへ問題を起こしてしまう

リスクが高まります。



ある意味、時限爆弾を抱えているような状態ですね…。



適切な対処として大事なのは

『痛く感じる部分以外にも意識を向ける』

『過去の痛みと現在の痛みを無関係だと考えない』

『部分的な治療だけで終わらない(リハビリは重要)』

といった事となります。



その3では当院の対処法・治療法をご紹介いたします。


#ありがとう整骨院 #岡山市中区 #整骨院 #膝痛 #腰痛 #かばう動作

Copyright© ついてるケア 2017 All Rights Reserved