• arigatou

岡山市中区『運転中の腰痛について』ありがとう整骨院

最終更新: 2018年3月27日

岡山市中区高屋にある ありがとう整骨院の藤本です。


先日、患者さんから

「運転していると腰が辛いし痛くなるんです。」

「何か対策ありますか?」

と質問をうけました。



実はわたし去年から車を運転し初めまして…。



始めの頃に車の運転中の腰痛に悩まされたことが

あったので、車の運転をよくされる方は、かなりの

悩みになっていると思われます。
















今回はそんな運転中の腰痛について

お話ししていきます\(´ω` )/



運転中、腰が痛くなる原因は、 いくつかあり車側と乗っている姿勢に 原因がある場合があります:(;゙゚'ω゚'):



車側の原因

・シートが遠く、後ろに倒れ過ぎている ・肘掛けを使っている


姿勢の要因

・背中を丸めている ・乗り込む時に左お尻体重になっている ・ブレーキを踏む時に膝を内に入れている ・ブレーキを踏む時に踵を浮かしている



などなど‥運転姿勢は気づかぬ うちに癖がついていると思います。



なので乗る時に少し意識をしてみると 「あっこれやってた」と感じるかもしれません。

そしてこれらの原因で何が問題になっているかは…。



ズバリ猫背です。



運転中の猫背の対策としては、

まず車側の要因を解消する必要があります。


①シートを近づけ、立てる。


②肘掛けは使わない。



上記のことが解消できたら、 する事はクッションを入れるです。



クッションの役割としては『猫背を緩和する』です。



しかし、クッションを入れてもお尻が シートから離れていると、猫背になってしまいます。



ですので入れる際の座り方はまずシートに深く座り、

背もたれにピタッとくっつく様に座ってください。

この時に背筋を伸ばして、腰のところを 触ると少し反っていると思います。



腰の背骨は少し反った形をしているので、 ここに隙間ができてしまうと腰に負担が かかるようになります。



ですので、ここにクッションか丸めた

バスタオルを入れると運転中の猫背対策になります(*・∀・*)



ちょっとした事でかわるので、運転中の 腰痛がある方はぜひ試してみてください(`・ω・´)

Copyright© ついてるケア 2017 All Rights Reserved