• ありがとう整骨院

岡山市中区 40肩50肩

【40肩50肩の症状と原因】

ある日突然肩に酷い痛みが出て動かせなくなる、このような症状は40肩50肩の可能性がありますよ。

肩のケガをしていないのに激痛が走るので、ビックリしてしまいますよね。


40肩50肩というのは、40代や50代で発症することが多いことで付けられたネーミングです。

40歳代になったら40肩、50歳代になったら50肩と呼び分けるだけで、症状は同じです。

ある日突然、このような症状が起きてしまった場合、40肩50肩の可能性が考えられます。


・片方の肩が激しく痛い

・上下に腕を動かすことができなくなる

・肩の激痛でシャンプーができない

・肩の激痛でシャツに腕を通すことができない

・肩の激痛で吊皮を掴むことができない

・肩が痛すぎて夜眠ることができない


このように、誰でもできる日常動作が困難になった肩の症状が起きた場合、40肩50肩の可能性が考えられます。


40肩50肩の原因は、筋肉疲労や結構不慮が原因と言われることもあるようですが、それが本当の原因ではありません。

年齢的な原因となってしまうことが多く、加齢により肩まわりの組織に異常が発生することでなるのではないかといわれています。

しかし、近年は30代でも40肩50肩の症状になる人も増えてきているので、年齢的なことが原因なのかどうかは定かではなくなってしまいました。

今では誰もがなる可能性がある症状なので、少しでも肩に異常を感じる場合は自己判断せずに専門医に診てもらうようにしないといけません。



【40肩50肩になった時の対処方法】

自宅で40肩50肩になってしまったら、すぐに病院に行けない時もあります。

そのような時は、以下のような対応をしてケアをしましょう。


・病院営業時間に40肩50肩かなと思ったら

早めに専門医に受診し、診断をしてもらいましょう。

整形外科でもいいですし、整骨院でもOKです。


・痛みがピークでどうしようもない時は

専門医にかかる前に痛みがピークでどうしようもない時は、安静が基本になります。

痛い肩を上にして脇にクッションを挟んで、寝るようにしましょう。

脇にクッションを挟めることで腕を体から離すことができるので、多少ですが楽な感じがします。


・痛みが和らいだ場合

痛みが和らいだ場合は、できる範囲でリハビリを行います。

肩をずっと動かさないでいると関節が固まってしまうので、無理のない範囲でリハビリを行うことが大事となります。

腕を垂らして、腕の重みを利用して揺らしてストレッチをします。

この際、余計な負担を腕にかけないようにし、あくまで腕の重みのみで揺らすのがポイントです。

輪ゴム運動も効果的なので、是非実践してみましょう。

両手の親指に輪ゴムをかけて、水平に伸ばすだけです。

肩に適度な圧を掛けることができるので、とても効果的ですよ。

この時、脇をしっかり締めて行うことで、体の表層の筋肉を動かさずエクササイズができるので、とても効果的になります。



いかがでしたでしょうか。

40肩50肩かなと思ったら、すぐに専門医に診てもらいましょう。

すぐ行けない場合は、このような対応で過ごすようにしましょう。

40肩50肩は鋭い痛みが続くので、放置しては絶対いけません。

おかしいなと思ったら、すぐに専門医に相談をしましょう。


岡山市中区 40肩50肩なら、「ありがとう整骨院」にお任せください。


Copyright© ついてるケア 2017 All Rights Reserved