• arigatou

岡山市中区『膝痛と腰痛の関係について』ありがとう整骨院

最終更新: 2018年4月25日

おはようございます!

岡山市中区高屋にある

ありがとう整骨院の山口です。


今回は膝痛と腰痛の関係についてをテーマに

お話していきます。



まず膝痛の起こる原因としては


関節内部に問題が起きているもの

「変形性膝関節症」「靭帯損傷」

「半月板損傷」「関節水腫」など


関節周辺に主な問題があるもの

「オスグッド症」「ジャンパー膝」

「大腿四頭筋の過緊張」

「筋力低下により関節が不安定」など



色々な事が膝痛の原因となりますが、


ほぼすべてに共通するのは

『体重を乗せると痛い』

『膝の曲げ伸ばしが痛い』

という状態になるという部分です。


これにより、歩いたり立っている時に、

無意識に痛い側の足に体重をかけないような、

かばった立ち方・歩き方を行います。


かばった立ち方・歩き方を続けていると、

左右で筋肉の使い方が大幅に違ってきます。


特に腰や股関節周辺の筋肉には部分的に

大きな負担が集中しやすいため、

自覚の無い間に筋肉疲労が蓄積してしまいます。

疲労の蓄積した筋肉は柔軟性や血流が悪くなり、

炎症や肉離れなどを起こしやすくなります。



また、かばった歩き方は歩行時の着地の衝撃を

うまく分散して逃がす事が出来ないので、

腰椎・股関節・膝・足首などの関節部分が

衝撃で傷ついてしまい、腫れる場合もあります。



このように膝痛が元になり、腰痛や股関節痛を

引き起こしてしまうケースは非常に多くみられます。


その2では対処法などをお話します。


#ありがとう整骨院 #岡山市中区 #整骨院 #膝痛 #腰痛 #股関節痛 #変形性膝関節症 

Copyright© ついてるケア 2017 All Rights Reserved